2022年半ばを目処にネット広告の情報開示義務化整備へ

日本政府は、GoogleやFacebookなどの巨大IT企業がインターネット広告の透明化や規制を目的に、一方的なシステム変更に伴って広告主や広告会社などに不利益が生じないよう、事前の通知や変更理由の情報開示を義務付ける方針を示した

規制強化のポイントしては
・広告詐欺やブランド毀損などの広告の質の問題
・広告の効果が不透明
・個人情報の扱い
・広告入札システムで自社媒体を優遇する懸念
などが挙げられている

これまで未整備だった法規制が制定されることによってインターネット広告がより良いものになるのか、却って面倒なものになるのかどうか…

▼参考記事
https://ferret-plus.com/34517

Thumbnail image from: https://ferret-plus.com/34517

Thumbnail image from: https://ferret-plus.com/34517